(GMP)哺乳動物細胞セルバンク製造

特徴セルバンクとはセルバンクシステム構築の流れ サービスフロー特性解析メディリッジのワンストップサービス お問い合わせ

特徴

  • ご対応宿主:CHO細胞、HEK293、iPS細胞
  • タイムリーなコミュニケーションが取れる台湾の施設にて実施。
  • 検体輸送や製造内容のお打合せまでメディリッジがサポート。

セルバンクとは

  • セルバンクとは、バイオ医薬品製造の出発原料として製造された細胞基材です。

 詳しくはブログ「セルバンクシステムとは」および参考資料をご覧ください。

セルバンクシステム構築の流れ

各段階での試験項目と期間

RCB製造  マイコプラズマ否定試験、無菌試験  細胞製造と試験 6-7週間 

評価研究では、初期のプロセス開発を実施              8-10週間

MCBまたはWCBの製造                      4-5週間

MCBまたはWCBの特性解析(項目はガイドラインに従う)     12-16週間

サービスフロー

 

特性解析

製造したマスターセルバンク/ワーキングセルバンクの特性解析に必要とされる各種試験項目をGLPグレードでご用意しております。

試験項目例(抗体製造用CHO細胞)

※試験項目はカスタム可能です。
別途ご希望の試験項目がございましたらお問い合わせください。

メディリッジのワンストップサービス



 

 

お問い合わせ

お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。