(GMP)組換えタンパク質製造

メディリッジでは、non-GMPからGMPまで、大腸菌・バキュロ・哺乳動物細胞など様々な宿主に対応した組換え蛋白質製造(培養・精製) を実施しています。
研究用途から製造原料・治験薬製造までお客様のニーズに合った製造をします。
製造用途では、GILSP対応、細胞バンクの作製、細胞バンクの安全性試験なども実施することができます。
スケールアップはメディリッジに是非ご相談ください。

対応可能な宿主

大腸菌、バキュロ、哺乳動物細胞(一過性発現、安定発現株の培養)
日本国内にて、小・中規模(2.5 L~50 L)スケールから大規模スケール(500 L~)までのタンパク質生産を実施します。
GMP準拠の製造も可能です。

大腸菌・酵母によるタンパク質の生産(培養・精製)

日本国内で、GMP製造が可能です。

  • 5 Lジャーファーメンター(2.5~3 L仕込み)
  • 20 Lジャーファーメンター(10~13 L仕込み)
  • 90 Lタンク
  • 500 L以上のタンク

IPTG誘導時に温度を下げるなど、温度制御が可能です。

protein_02

<90 L培養装置 大腸菌 タンパク質生産装置>

バキュロ(Sf9、Sf21、Hi5細胞)、哺乳動物細胞(293細胞、CHO細胞)

non-GMP製造および治験薬GMP製造は、国内で実施します。
cGMP製造は、米国または台湾で実施します。

保有設備(国内)

protein_03

  • 5 Lジャーファーメンター(2.5~3.5 L仕込み)
  • 20 Lジャーファーメンター(10~14 L仕込み)
  • ローラーボトル フラスコ培養
  • WAVE培養

などの対応が可能です

受託の流れ

※納期は、製造規模・条件により変わります

  • お問合せ
  • 情報提供(必要であれば秘密保持契約を締結します)
  • 組換え安全委員会での承認
  • 原材料の受入れ
  • 製造

哺乳動物細胞の発現例

社内での検討 ジャーファーメンター培養で293細胞の一過性発現をした一例

protein_04

ジャーファーメンター培養した293細胞にβ-gal発現プラスミドをトランスフェクションし、72時間後にX-gal染色したもの。
大部分の細胞が青色に染まっていることが確認できる。

昆虫細胞(Sf9)バキュロウィルス系での一例

protein_05

社内での検討 ジャーファーメンター培養によるSf9細胞を用いたバキュロウィルスの感染実験
ジャーファーメンター培養したSf9細胞に、野生型バキュロウイルスを感染させたもの。
細胞内にポリヘドリンタンパクの結晶が確認できる。

受託金額や技術的なお問合せは、お気軽にご連絡ください。

組換えタンパク質の精製

各種培養方法により得られた培養上清または細胞から、組換えタンパク質を精製します。

培養上清(分泌タンパク質)の場合

フォローファイバー、限外ろ過などによる濃縮工程

アフィニティー精製

His-tag、HA-tag、Fc-tag、GST-tag、FLAG-tagなどに対応した担体でアフィニティー精製を実施します

イオン交換精製

目的物に応じて陰イオン交換精製、陽イオン交換精製を実施します。

ゲル濾過精製

発現タンパク質を分子量の違いで精製する方法です。
通常は、アフィニティ精製やイオン交換精製の後に、追加して実施することが多いです。

菌体内または細胞内の発現の場合

菌体破砕また細胞抽出液(ライセート)を得てから、遠心等で菌体または細胞成分を除去し、その後精製工程へと進みます。

その他

tagの除去なども実施できますが、条件検討が必要です。
目的タンパク質によっては、tagの除去中に分解してしまうこともあります。

組換え大腸菌・酵母 バンク作製

GMP準拠
製造用のマスターセルバンク(MCB)/ワーキングセルバンク(WCB)の作製も実施します。
大量培養、遺伝子配列の確認、無菌試験、純度試験、増殖試験等の価格については、プロトコルや使用機材等によって異なります。
お気軽にお問い合わせください。

アデノ随伴ウイルス製造受託

お問合せ下さい。