会社概要

メディリッジ株式会社は、より良い医療や
健康な生活の実現(QOL向上)のために皆様と共に歩みます

代表取締役のご挨拶

眞鍋幸子の写真メディリッジ株式会社では、これまでの経験やノウハウを生かし、国内外の各拠点と緊密に連絡をとりながら、「診断薬やバイオ医薬品または臨床研究用原料などの研究開発から製造まで」のワンストップで受託サービスの展開をしています。
それぞれの研究開発のステージの違いや専門性の違いも踏まえた多様なお客様のニーズに沿った受託サービスの提供を心掛けております。

2015年からは、台湾のTFBS Bioscienceと業務提携をして「バイオ医薬品等のウィルス安全性試験」の日本国内の総代理店として業務を開始しております。
ウィルスクリアランス試験や遺伝子治療の臨床試験検体の評価などバイオ医薬品に関わる試験のニーズお応えしています。また、遺伝子治療の研究や治験に向けたウィルスベクター製造も開始しており、特にAAVベクターの製造では徐々にお問合せも増えて参りました。。
2018年6月からは、台湾のCDMOであるEirGenix社と正式に代理店契約を結び、抗体医薬品やタンパク質医薬品の開発で、国内での研究開発から海外でのプロセス開発からGMP製造までワンストップでサービスを提供できるようになりました。
2021年8月からはメディリッジ株式会社も14期目に入ります。
お陰様で、製薬会社、診断薬会社様、大学の研究者様からご信頼を頂くことができ、ご依頼も増えて来ております。
これもひとえに応援してくださいましたお客様やパートナー企業の皆様のご協力合ってのことと心から感謝しています。
これからもお客様のニーズや時代の要請に合わせて常に進化をしながら仕事をしていきたいと考えておりますので、どうか宜しくお願い致します。

BLOGはこちら

会社名 メディリッジ株式会社
代表者 代表取締役社長 眞鍋幸子(医学博士Ph.D.)
設立 2009年2月23日
資本金 1,000万円
本社所在地 〒110-0014
東京都台東区北上野2丁目6-4 上野HYビル901
事業内容 製薬企業・研究者向けの製造支援および研究支援受託サービス
抗体、組換えタンパクの製造、病理関連受託等
バイオ医薬品等ウィルス安全性試験
診断用医薬品・研究用試薬関連コンサルティング
化粧品事業は、バイオ関連業務に集中するために令和元年8月から撤退しました。これまでご愛顧を賜り有難うございました。
その他関連業務 事業内容に関連する業務
取得資格・免許等 毒物劇物一般販売業登録 3132138133
主な取引銀行 三菱東京UFJ銀行 上野中央支店
みずほ銀行  横山町支店
三井住友銀行 人形町支店
主な取引先 大手製薬会社研究所 大手化学会社研究所 大手食品会社研究所
診断薬企業各社 バイオ関連企業、主要大学・研究機関研究室
製造試験実施拠点

日本国内
東京・沖縄・岐阜・神奈川・埼玉・長野

海外
PolyPeptide(US, cGMP製造ペプチド)
TFBS(台湾, バイオ医薬品等ウィルス安全性試験)
EirGenix(台湾, cGMP製造組換え体タンパク/抗体
その他

社長の経歴 東京大学医科学研究所を経て、
極東製薬株式会社研究開発部長、
オリエンタル酵母工業株式会社受託事業部兼北山ラベス取締役
インビトロジェン株式会社受託サービス部長兼TSS部長、
富士レビオ株式会社研究推進部長を経てメディリッジ株式会社設立

アクセス

〒110-0014
東京都台東区北上野2丁目6-4 上野HYビル901